2005年01月16日

2回目の茨城・那珂湊

去年茨城行ったときブログ書いてたなあと思い、今見たら去年は2月17日になってました。
でも、実際はバレンタインの日に行き顰蹙を買っていたはずなので、2月14日だったと思います(笑)。

今回は1月15、16日の一泊二日でした。一年が本当に早くて驚きなのと、ブログも書き始めてから1年以上経っていることも驚きです。
細く長くやってると、少しでも振り返れるて楽しいものだと実感してます。

ということで、今回も去年とほとんど同じことの繰り返しでした。
昨日は常陸太田の鮟鱇鍋屋で買ってきてもらった鮟鱇をたらふく食い、今日は那珂湊へ行きました。

那珂湊では、森田水産で寿司を食べました。ちなみに去年は市場寿司(お魚センター)で食べましたが、こっちの方がよかったです。
その後、寿司屋(2階)の隣の市場で、おっちゃんに「雨だから牡蠣1800円のところ、牡蠣とホタテ1500円合わせて1800円でいいよ!」と言われたので買ってみました。

どっちも発泡スチロールに入ってたので、スゴイ量かと思ってたけど、ぺろりと無くなりました(ちょっとおすそ分けしましたが)。牡蠣はシンプルな焼牡蠣で、ホタテは殻ごと焼いてバター醤油にしました。牡蠣は、殻の時はそれなりにボリュームがあるように見えてましたが、身としてみると少なくて少し残念。それに引き換えホタテは殻も大きいですが、中の貝柱も大きく、またワタも含めて新鮮で苦くなく満足でした。

《鮟鱇鍋の作り方メモ》

・今回のメンバー4人だと4人前でいいようでした。
オーダしてくれた5人前だと枯れた大人には多かったようです・・。
・あん肝は、今回の5人前だと3分の2を鍋用にこし、
味噌と混ぜていれるとちょうどいいかもしれないです。
このときの味噌は九州味噌にしてみたいものです。
(残りは次回は酒蒸しですね)
・上記の量のあん肝みそ半分に600ccの昆布だしと200cc
のミツカン鍋だしを入れましたが、結果これだと濃かったようです。

最後にうどんをやるときに、煮詰まった鍋に水だし200ccと
だし100cc(各々目分量)を追加してみましたが、ちょっと薄目に
あん肝が利いてるのはおいしかったです。
次回は、あん肝5人前×2/3×1/2の量に、だし600cc
とミツカン鍋だし200cc程度からスタートしてみようと思います。

posted by ひ at 23:28| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 外出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
牡蛎を焼けるような家に住みたい。
Posted by たろ at 2005年01月17日 17:09
牡蠣のスチロール箱が邪魔にならない家に住みたい。
Posted by ひ at 2005年01月18日 11:09
三軒茶屋、茶沢通りのお店久仁のコミュニティをmixi内で作りました。
ほとんど久仁について書かれたログが無い中で、「ひ」さんのブログを見つけましたのでリンクはらせて頂いてもよろしいでしょうか?
迷惑でしたらご連絡ください。
Posted by コンバット越前 at 2005年02月06日 03:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1602930

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。